Title - Wake Up! Good Night*

技術力を向上するために続けていること

Posted on December 1, 2012
Tags: know-how

IT企業でもプロジェクトマネージャーなど、マネージメント系の仕事の場合、日常業務にて技術力を向上させるのは簡単ではないと思います。

たとえば、googleが実施していると言われる「20%の時間」は(主に開発グループ向けに?)業務時間の20%は自分のやりたいことに取り組んで良い、という考えですが、技術力向上のために、こういう時間をつくることも悪くないと考えます。

私は以下のように取り組んでいます。

  1. 元気のある平日の業務後、1,2時間程度を「20%の時間」に充てる。仕事はある程度のところで、区切りをつけて、平日に時間を作るようにしています。うちの会社では「20%の時間」はありませんが、定時後なら気兼ねなく、できます。オープンソースソフトウェアを構築してみたり、技術論文を読んでみたりしています。

  2. アウトプットを出す。「20%の時間」で吸収したことを週1回程度を目標にアウトプットしています。アウトプットの場はこのブログや社内SNSなどです。既に誰かが、同じ事をやっていたりしますが、まぁ気にせず自分のために、アウトプットをしています。

私なりの「20%の時間」で大切にしていることは、やりたいことをやる、義務感を負わない、失敗を恐れない、ですね。

もともと「20%の時間」はその時間にやりたいことをやる、ですので。やりたくないことは続けにくいですしね。

そういう意味だと、技術を使うプロジェクトなどのマネージャは、多少なりとも技術に興味を持っていることが大事なのでしょう。

また、義務感を負ってしまうと、それをやるために、他のことを調整して、、疲れて、頭が働かないけど、やらないと。。となってしまい、やはり続けにくくなってしまいますね。無理なときは無理しないのも選択肢の一つです。

失敗も日常茶飯事です。新しいことに挑戦するのは時間がかかりますね(ものを動かすにも、何かを理解するのにも)。ので、失敗を恐れず挑戦してみる事です。

その結果が失敗だったとしても、何を考え、何を実施したか、その結果うまく行ったことは何だったのか、失敗したのは何だったのか、それはなぜか、は次に活かせるので、アウトプットまでやり遂げることは大切にしています。

結果より、経過が大事、と言われる所以ですね。

結果として、実態は業務時間外にやっていたり、20%も時間を割けないこともあったりしますが、現実的に続けられそうなレベルの、こんな感じで、今後も、技術力向上に努めていきたいと思います。

submit to reddit このエントリーをはてなブックマークに追加